Home > 水土総合強化推進事業

水土総合強化推進事業とは

近年の農村地域における農業従事者の高齢化・後継者不足・都市化・混住化に伴う集落機能の低下に起因して土地改良施設の管理が複雑化・困難化している状況にある。他方、食料供給力の確保・強化のため、農業用用排水施設の適切な管理の必要性が高まるとともに担い手の育成及び土地利用調整による面的な利用集積が喫緊の課題となっている。

このような情勢の中、土地改良区等は、①社会資本である土地改良施設の大半を管理していることから、社会と連携した管理、効率的な管理等を行い得ること、②地域に密着した組織であることから、換地業務等を通じた土地利用調整を図り得ることから、これらの重要な役割を十全に発揮することが従来に増して期待されている。

このため、土地改良区等が行う施設管理や農地利用集積等の諸問題に的確かつ機敏に対応できるよう、土地改良施設管理の円滑化や農地利用集積の推進等の取組に対する総合的な支援指導を行うものとする。

(1)土地改良施設管理円滑化事業

土地改良施設の円滑な管理を図るため、土地改良施設の診断・管理指導及び土地改良区等と地域住民等が連携した施設管理に関する研修・啓発普及を実施する。

施設の診断・管理指導
施設の診断・管理指導

(2)土地改良換地等強化事業

農地利用集積及び換地事務の適性かつ円滑な推進を図るため、土地改良換地士その他換地技術者の強化のための研修及び換地事務指導等、農用地の利用集積の技術的指導等並びに換地に関する異議紛争の早期解決及び未然防止を図るための助言・指導等を実施する。

換地技術者に対する研修
換地技術者に対する研修